ボディピアス最前線

ボディピアスを開ける

皮膚に埋め込みタイプのボディピアス

埋め込みタイプのボディピアス

マイクロダーマルと呼ばれる皮膚に埋め込みタイプのボディピアスは、ピアスホールを作る必要がなく、穴が固定するまで待つ必要のない新しいタイプのピアスです。
マイクロダーマル専用のアンカーと呼ばれる器具を肌に皮膚に埋め込み、これを土台とすることでピアスホールを作らずにすみます。
ヘッドと呼ばれる部分はネジ式で装着できるデザインになっているため、ポールやディスク、ストーン付きなどの種類に交換して楽しむことができます。アンカーの素材は、チタン製やステンレス製、サージカルステンレス製が主になっています。
基本はピアススタジオで受けることになりますが、皮膚科病院でも施術が受けられるところもあるため問い合わせしてみることです。
通常のボディピアスでは、負担が大きかった部位でもワンホールでの単独ピアッシングが可能となりました。
そのため、身体のいろいろな箇所に入れることができるようになり、タトゥーと合わせたりすることもできます。

痛くないボディピアスの開け方とは?

ボディピアスでおしゃれを楽しみたくても、痛みを気にしてためらっている人も多いのではないでしょうか。ボディピアスを開けるのは、自分でもできますし、専門店などでもできます。
ですが、衛生面に問題があると、炎症を起こしたり、化膿する場合がありますし、ピアッシングする場所によっては専門知識が必要になります。自己判断で開けると、後々病院で治療しなければいけない事態が起こる可能性もあります。
また、当然ながら開ける時はそれなりに痛みも伴います。痛みや化膿などを気にせずにボディピアスをしたい場合は、美容外科などのクリニックを利用することをおすすめします。
なぜなら、局部麻酔をするので痛くないからです。麻酔の注射は、チクッとする痛みはありますが、麻酔なしで開ける痛みと比べると痛くないレベルと言えます。
開けた後は、内服薬と外用薬を出してもらえますし、何かあった時も対応してもらえるので安心です。
アフターケアがしっかりとしたクリニックを選び、ボディピアスを楽しみましょう。

check

十三の風俗求人情報
http://www.5250.jp/juso/

2016/11/17 更新